FC2ブログ

浴室床材変更 タイル→滑りとめシート リフォーム 住宅改修 介護保険

浴室の滑り止めシート設置工事です。

古いお風呂の床って冬は冷たいし、滑りやすいですよね。

また、段差も多いですし

お風呂で転んだなんて話も良く聞きます。

直そうと思ってユニットバスの見積もり取ったら、150万円!!

(SEGは100万くらい 笑)

あるあるです。

介護保険の中ではとても納まりませんし

いまさら、お風呂だけ直してもねぇ・・・ってご家庭も多いです。

販売している滑りとめシートは掃除に困ったり、長年使うと取れちゃったりします。

また、滑らないスノコなんてのも売ってたりしますが

掃除する時に持ち上げたりとか…やらないですよね。

そんな様々な悩みを解消する商品がこれです。


フクビ あんから

実際の施工例が ↓


P2030001.jpg
施工前 タイルの冷たそうな浴室床

yukayokusitu.jpg
あんから貼り付け後

見た目が綺麗になるだけでなく、機能的にも滑りにくくて、冷たくなく、やわらかい。

転倒防止、ヒートショック対策、万が一転倒しても怪我の軽減など優れた商品です。

上の施工例の場合は、さらに床タイル部分をモルタルでかさ上げしてあり、浴室入口の段差を少なくしてあります。

あんからは現在の床に直接貼る事も出来ますし(下地の調整は必要)
モルタルでかさ上げし、その上に貼る事も可能ですので、床の高さを自由に決まられるのです。

いいとこ取りのとても優れた商品ですよね。

気になる費用ですが、10万円前後(下地処理・広さで変動)ですので手すりなど付けても、十分介護保険の範囲内で収まります。



栃木県宇都宮市 株式会社SEG

その他の施工例



人気ブログランキングへ
プロフィール

office SEG

Author:office SEG
栃木県宇都宮市鶴田町
空調設備・住宅設備・各種補助金を使った住宅改修・
リフォーム工事などを行っています。

TEL

028-612-3100

メニュー
リンク
最新記事
RLINK
月別アーカイブ
AD
検索フォーム
QRコード
QR