FC2ブログ

バッファロー リンクステーションのデータ復旧 栃木県宇都宮市

BUFFALO(バッファロー)製LinkStation(リンクステーション)のファイルが

急に読み込めなくなったとのお話がありこちらで復旧を試してみる事になりました。

LinkStation(リンクステーション)とはLAN上で使用するHDD(ハードディスク)で

LANに接続されているパソコンならどこからでもファイルが使える為、事業所などでは便利に使用されているHDDです。

(当社も導入しています)

今回、お話があった物はHDDが2台装備されていて合計2TBの物でした。

会社の情報などとても大切なファイルが保存されている為、少しのデータだけでも取り出したいとの事。

また、都内で修理見積もりをしたら、約40万円と言われたらしく

それは妥当なのか確認してほしいとの事でした。


早速会社に持ち帰り状態を確認してみました。

無事、LinkStation(リンクステーション)の電源は入りましたので

LANのクロスケーブルでパソコンと直接繋ぎました。

buffaloのNAS ナビゲータを起動して検索してみると…

LinkStation(リンクステーション)検索はされましたが

三角形のビックリマークが表示されエラー表示に。

ケースのランプが赤く点滅しています。

buffaloのサイトでエラーコードを参照してみると、ディスク1が

ハードディスクの不良セクタが危険な範囲に達する可能性があります。
ハードディスクを修理センターまでご送付ください。
* 修理を依頼する前にハードディスクは必ずバックアップをしてください。

という事らしいです。

エラーは無視してHDDを開いてみると共有フォルダ名は表示されますが

各共有フォルダの中はアクセスが出来ませんでした。

次にweb設定も開いて確認してみることに…

共有フォルダー画面では

ディスク1.2共にエラー、RAIDもエラーになっていました。

システム画面からディスクを確認しても同じくエラー。

RAID設定は0(ゼロ) 

(RAID0はファイルを2つのHDDに分散して保存する仕組みで読み書きのスピードが速い)

このRAID0が重要であったのをこの時点では解りませんでした。



続く







人気ブログランキングへ
プロフィール

office SEG

Author:office SEG
栃木県宇都宮市鶴田町
空調設備・住宅設備・各種補助金を使った住宅改修・
リフォーム工事などを行っています。

TEL

028-612-3100

メニュー
リンク
最新記事
RLINK
月別アーカイブ
AD
検索フォーム
QRコード
QR